在学生の声

畠山 直人(ファイナンスプログラム・2020年度入学)

農林中央金庫 リスク評価部勤務

入学の動機を教えてください。

私は、主に市場リスク系資産の会計時価・リスク計測に関するモデル開発・管理業務を担当しています。近年の金融実務では、XVAと呼ばれるデリバティブの価格評価に関する議論や、バーゼルⅢ適用に向けたリスク計測手法の導入など、高度な金融知識・スキルが必要とされる場面も増えています。これまで、業務で必要となった都度知識・スキルの習得に努めてきましたが、社会人大学院でファイナンスを体系的に学ぶのが有意義であると考えました。本学は、金融商品の価格評価やリスク計測の手法、これのベースとなる数学やプログラミングに関する講義も豊富で、実務経験のある教授陣の方も多いこともあり、入学へと至りました。

入学して思うことをお聞かせください。

以下のような点から、大変良い経験を得られていると思います。
まず、実務を意識した金融商品の価格評価やリスク計測の手法、これのベースとなる数学やプログラミングに関する科目が充実しているという点です。実務に取り組む上で、概念を全く聞いたこともない状態と、何らかの形で一度でも触れたことがあるというのは、業務の進め易さが全く異なると思います。本プログラムでは、用意されているカリキュラムを一通り受講することで、ファイナンス全般にわたる手法を体系的に学ぶことができ、今後の実務において活用できると感じています。
次に、少人数教育という点があります。本学は、他大学院に比して学生数が少ないため、教授陣と学生との距離が近く、綿密な指導を受けられます。また、少人数であるため授業中も発言しやすい雰囲気であり、異なる会社に所属する同級生とのディスカッションを通じて、多くの刺激が得られていると思います。

これから入学を検討している方へメッセージをお願いします。

本学の目的が、高度金融専門人材の養成ということもあり、入学を検討している方の多くが社会人と思います。このため日中は仕事を行いつつ、夜間に大学院の講義を受けるという形になるでしょう。よって、講義の復習・予習、日々の課題や研究活動は、平日の授業後や休日に行うことになり、相応にハードな生活を送る必要があります。一方、これらを着実にこなしていくことで少しずつ身になっている実感もあります。仕事と大学院の両立は大変とは思いますが、自身の知識・スキルレベルの向上を図りたい方は是非本学への入学を検討されてみてはいかがでしょうか。

五十嵐 純平(ファイナンスプログラム・2020年度入学)

入学の動機を教えてください。

私は学部卒業後、就職をせず本学のファイナンスプログラム(MF)に入学しました。学部時代は経済・経営学を専攻していましたが、ファイナンスのゼミナールに所属したことをきっかけに、就職活動を中断し、金融工学やファイナンス理論を体系的に学ぶことができるMF
への進学を決意しました。
またMFはグローバルに活躍する高度金融専門人材の養成をコンセプトとしており、将来金融機関で活躍することを志している私にとって非常に魅力的でありました。

入学して思うことをお聞かせください。

私は文系の学部出身であったこともあり数学やプログラミングに自信がなかったのですが、1年前期に開講されている「確率解析」「経済数学」「プログラミング基礎」などの講義を通してファイナンスを学ぶ上で必要な基礎知識を身に付けることが出来ました。また1年後期の「ファイナンス演習」では自身の興味があるテーマについて既存研究の論文精読を通して学ぶことで、金融実務の現状や課題感を把握し2年次から本格的に取り組む修士論文の足掛かりを作ることが出来ました。
このことから、現在金融実務に従事されている社会人の方や金融を専攻している学部生はもちろん、“ファイナンスに興味があるが、知識に自信がない”と考えている学部生にも(その分他の方以上の努力は必要となりますが)MFをオススメしたいと考えます。

これから入学を検討している方へメッセージをお願いします。

MFは特任の方を含めると学生の数以上の教授陣が在籍されている非常に贅沢な環境であり、先生方は日々の講義で気になること・分からないことがあれば徹底的にご相談に乗ってくださいます。またMFではファイナンスへの理解を深めるため課題が多く課され、特に社会人の方は仕事との両立がかなり大変だと思いますが、努力した分知識が自身の血肉となり成長している実感があります。
学部卒生にとっては、実務で活躍されている社会人の方々と共にファイナンスについて学び議論できる非常に刺激的な環境であり、MFでの経験は今後の長いキャリアを形成していく上で必ず有益なものになると考えます。