ファイナンスプログラム(MF)

PDメッセージ

国際的に活躍する
金融専門人材養成に向けて

首都大学東京大学院
ファイナンスプログラム(MF)ディレクター
室町 幸雄

我が国の金融機関や事業会社がグローパルに飛躍していくためには、これまで以上に高度なファイナンスの知識をもち、実践していく人材が求められています。

金融実務の最先端では、自らのアイディアにより、表現力の高い数理モデルや投資戦略の構築、適切なリスク管理技術の開発、新しい金融商品の開発やその定量的な評価・分析、パックテストなどを柔軟に行うことができる高度金融専門人材が必要とされています。実際の海外の国際金融都市では、ファイナンスの高度な専門教育を受けた学位を持つ人材が金融の最先端で実務を行っています。最近では、データ蓄積量の飛躍的な増加により、データをして語らしめるという動きが活発化していますが、その中で意昧のある成果を出していくためにもファイナンスの適切な知識が必要であることは言うまでもありません。

事業会社のファイナンス部門においても、グローバル化の進展やM&Aの増加といった環境の変化の中で、ホールディングカンパニーを通じたグループ経営のあり方、市場(投資家)の期待、内在する事業リスクなどを定量的に評価し、企業価値向上に貢献できる人材の養成が急務になっています。

こうした高度なファイナンスの知識と実践能力を持つ人材を養成する大学院として開設された本プログラムでは、少人数を対象に教員が時間をかけて指導できる体制を構築しています。少人数制により,通常のいわゆる立ち講義は互いの顔がよく見える状態で進められます。また、ゼミ(ファイナンス演習)やケーススタディによる実践的な教育(ファイナンス考究)、実務家による講義やディスカッションなどを効果的に配当し、さらに修士論文の執筆を義務付けることで、ここで得た知識を実務の現場で実践できるようになるための経験を積めるように工夫されています。

2018年度までは講義は平日昼間の時間帯に行われますが、実務家のニーズを考慮して、2019年度以降は多くの講義を平日夜間および土曜日に移行し、平日昼間の講義を履修しなくても修了できるように変更します。

また、事業会社でCFOなどのキャリアを目指す方々を対象として、コア分野にコーポレートファイナンスを追加し、拡大していく実務のニーズに対応します。これらの変更により、ファイナンスだけでなく、経営学プログラム(MBA)及ひ糧済学プログラム(MEc)との有機的連携を深め、単なるファイナンスのプロではない、幅広い視野を持つビジネスエリートを養成していきます。