経営学プログラム(MBA)

PDメッセージ

変革と創造の
経営者養成に向けて

首都大学東京大学院
経営学プログラム(MBA)ディレクター
長瀬 勝彦

近年の世界経済は複雑さがますます高まりを見せており、企業や公共部門のマネジメントを担う人材には従来にも増して高度な知識と深く広い思考が求められています。そのような人材の養成には大学の学部レベルの経営学教育よりも一段と高いレベルの教育が必要となります。本学経営学専攻の経営学プログラム(Master of Business Administration, MBA プログラム)はそうした時代の要請に応えるべく 2003 年4月に開設されました(当時は東京都立大学)。以来 10 年以上にわたって、ビジネス環境を分析し経営戦略を立案する能力、組織や制度を設計し変革する能力、そしてビジョンと高い志を兼ね備えて果断な意思決定ができるビジネスパーソンを養成してきました。

本プログラムの大きな特徴は、第一線の研究者でもある専任教員を中心にした高度な少人数教育にあります。単なるノウハウを教えるのではなく、最先端の研究成果を踏まえたマネジメントの本質に迫る授業が提供されています。本プログラムは修士論文もしくは課題研究論文が必須ですが、その執筆は並大抵のことではありません。しかし、本人の努力と教員の密度の高い指導により多くの方が優れた論文を完成させています。

授業は 2016 年4月に新設された丸の内サテライトキャンパスで開講されます。最新の設備で優れた教育・研究環境が提供され、立地的にも多くの方にとって通学至便となっております。2018 年には大学院が改組され、社会科学研究科経営学専攻から経営学研究科経営学専攻へと衣替えします。丸の内サテライトキャンパスでは経営学プログラム(MBA)とファイナンスプログラム(MF)、経済学プログラム(MEc)の三本立てとなり、相互の履修も可能となるなど、新たな飛躍を目指します。新生となった本学 MBA プログラムに意欲のある方々にお集まりいただき、2年間の研鑽の後にMBA を取得されて更に高く羽ばたかれることを期待しております。