経済学プログラム(MEc)

プログラムディレクターメッセージ

国際水準での経済学を
学びたい皆さんへ

東京都立大学大学院
経済学プログラム(MEc)ディレクター
渡辺 隆裕

近年、公務員やビジネスパーソンの中で「経済学」という学問を真に理解し、その専門性を身につけたいという声を耳にします。これを受けて東京都立大学経営学研究科では、博士前期課程(修士課程)に経済学プログラム(MEc)を2018年に開設しました。従来の学部卒業生や留学生に加え社会人もその対象に広げ、主に丸の内サテライトキャンパスで平日夜間および土曜日に講義を行っています。

私達のスタッフの多くは、これまで学術研究に携わり経済学や関連する分野の国際学術誌に論文を発表してきた研究者です。社会人を対象とした「学びの場」が東京には数多く存在する中で、私達にできることはあるのか。プログラムの開設にあたり、何度も議論しました。私達ができることは、学生に経済学の学術論文が理解できる力を身につけさせ、経済モデルの作成、データの分析、経済社会の事実の再検討などの演習を行い、それを通して修士論文の作成を指導する、という普通の大学院が行うことだけです。しかしこの当たり前の過程により、そしてそれによってのみ、経済学という高度な専門性が身につき深い理解に到達できること、そして、それこそが経済学を真に身につけたいという人に必要なことである、という見解に私達は至りました。

経済学プロジェクトのカリキュラムでは、修士1年前期にコア科目としてミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学の基本をしっかり身につけさせ、1 年後期以降の応用科目の理解や修士論文作成を行うというカリキュラムにしました。ヴァリアンやアセモグルなどのテキストは少し難しいのではないか、満足してもらえるのか、という不安はありました。しかし、2020 年に初めて送り出した修了生からは「勉強は大変だったが、自分たちでは到達できないレベルに到達することができ満足できている」「しっかりと勉強できて良かった」という声を聞きました。この声に私達の考え方に間違いなかったのだろうと自信を深めています。

都心にあるという立地条件、高度な学術研究に携わってきたスタッフ、少人数教育による丁寧な指導、東京都の大学であるという公共性、これまでビジネススクールの高度専門職業人養成プログラムで培ってきた指導の経験と実績、これらの資源を持つ私達と、経済学を本格的に学びたいという高い志を持つ皆さんとがマッチングするとき、私達にも皆さんにも、そして社会にとっても良い結果をもたらすであろうと確信しています。

先に述べたように、本プログラムは既に社会人である方だけではなく、現在大学で学び、さらに経済学を深く学び探求してみたいと思う大学生にも門戸を開いています。将来ビジネスパーソンや経済の専門家としての活躍を望んでいる大学生にとっても、当プログラムに進学して得られる経済学の専門知識や現役の社会人とともに学んだ経験は将来の大きな糧になると我々は考えています。

熱意のある皆さんとお会いできることを楽しみにしています。