Research Paper Series

「Research Paper Series」について

Research Paper Series (Graduate School of Management , Tokyo Metropolitan University)

本リサーチペーパー・シリーズは、経営学研究科の研究スタッフがその研究成果の一端を公表するために発行するものです。著者へのコメントを歓迎します。

The Graduate School of Management, Tokyo Metropolitan University, issues the Research Paper Series for the purpose of publishing the preliminary studies of the faculty staff. Comments to the authors are welcome.

社会科学研究科経営学専攻時代のもの

No. Author Title Date
153 雨宮 昭彦 ナチズムと大土地所有
――「中間層テーゼ」か 
2015/9
152 Takuya Iimura,
Takahiro Watanabe
(飯村卓也、渡辺隆裕)
Pure strategy equilibria in finite symmetric concave games and an application to symmetric discrete Cournot gamesPDF 2015/7
151 Takashi Shibata
(芝田隆志)
Strategic entry in a triopoly market of firms with asymmetric cost structuresPDF 2015/7
150 雨宮 昭彦 フリードリッヒ・リストまたはテキストの生成と変容  2015/3
149 Takuya Iimura
(飯村卓也)
On the IENBR-solvability of two-person finite gamesPDF 2015/3
148 長瀬 勝彦 自己楽観バイアスと時間割引PDF 2015/3
147 山崎 志郎 総動員自給圏構想の形成と変質 2015/2
146 梅田 雅信 日本のCPIの変動特性と物価安定目標PDF 2015/2
145 石黒督朗、高橋 勅徳 ネットワークに埋め込まれた企業家の行為:イーブイ愛知株式会社によるコンバージョンEV事業構築の事例分析を通じて 2015/2
144 原 朗 『日本資本主義分析』原稿の一考察-山田盛太郎関係資料の検討- 2015/2
143 Xue Cui and
Takashi Shibata
(崔雪、芝田隆志)
Investment timing and quantity strategies under asymmetric informationPDF 2015/1
142 山崎 志郎 1945年度物資動員計画-総動員体制の破綻 2015/1
141 山崎 志郎 戦時統制経済 2014/9
140 Tsz-Kin Chung,
Keiichi Tanaka
(鍾子健、田中敬一)
Optimal Timing for Short Covering of an Illiquid SecurityPDF 2014/5
139 雨宮 昭彦 ヴィルヘルム・レプケまたは「世界恐慌」期における経済学と経済学者  2014/3
138 梅田 雅信 IOER導入以降における日米オーバーナイト金利の動向と出口戦略PDF 2014/3
137 長瀬 勝彦 個人と集団のリスク評価:確率と重大度 2014/3
136 山崎 志郎 太平洋戦争末期の総動員体制
-1944年度物資動員計画を中心に-
2014/3
135 木村 隆之 遊休不動産を利用した「利害の結び直し」として読み解かれる地域イノベーション: 滋賀県長浜市株式会社黒壁と福岡県北九州市株式会社北九州家守舎の事例 2014/3
134 平山 勉 高度成長期前半のプラスチック用金型製品市場の動向PDF 2014/2