Research Paper Series

「Research Paper Series」について

Research Paper Series (Graduate School of Management , Tokyo Metropolitan University)

本リサーチペーパー・シリーズは、経営学研究科の研究スタッフがその研究成果の一端を公表するために発行するものです。著者へのコメントを歓迎します。

The Graduate School of Management, Tokyo Metropolitan University, issues the Research Paper Series for the purpose of publishing the preliminary studies of the faculty staff. Comments to the authors are welcome.

社会科学研究科経営学専攻時代のもの

No. Author Title Date
37 長瀬 勝彦 規範的意思決定論の特徴と限界 2007/10
36 長瀬 勝彦 「成功要因」の神話と現実 2007/10
35 Masaaki Kijima,Teruyoshi Suzuki and Keiichi Tanaka
(木島正明、鈴木輝好、田中敬一)
A Latent Process Model for the Pricing of Corporate SecuritiesPDF 2007/10
34 マルク・シュペーラー、ヨッヘン・シュトレープ著
雨宮昭彦、三ツ石郁夫訳
ナチス経済研究のパラダイムチェンジ
ドイツにおける最新の研究動向
2007/9
33 Hideki Mizukami and Takuma Wakayama
(水上英貴、若山琢磨)
The Relation Between Non-Bossiness and MonotonicityPDF 2007/7
32 Takashi Shibata and
Michi Nishihara
(芝田隆志、西原理)
Agency Problem with Auditing in a Real Options ModelPDF 2007/5
31 Toyotaka Sakai and Takuma Wakayama
(坂井豊貴、若山琢磨)
Uniform, Equal Division, and Other Envy-free Rules Between the TwoPDF 2007/4
30 Takashi Shibata
(芝田隆志)
Investment Timing, Asymmetric Information, and Audit Structure: A Real Options Framework 2007/4
29 Kiyoshi Miyashita
(宮下清)
Japan's Public Qualification for White-Collar Workers Change Management Education Management Education and HRM after the Business Career SystemPDF 2007/4
28 水越 康介 マーケティングにおけるデザインの射程 デザインのロバストネス 2007/4
27 Hideki Mizukami and Takuma Wakayama
(水上英貴、若山琢磨)
Full-Truthful Implementation in Nash EquilibriaPDF 2007/3
26 水越 康介 ケータイ中心のネット・コミュニティ
魔法のiらんど
2007/3
25 桑田 耕太郎、松嶋 登、水越 康介 東京都健康局・病院経営本部 重要課題研修「経営研修」(研究コース) 平成17年度研究報告 2007/3
24 松嶋 登 東京都健康局・病院経営本部 重要課題研修「経営研修」(研究コース) 平成16年度研究報告(増補拡大版) 2007/3
23 Masayoshi Noguchi and Edwards, John Richard
(野口昌良、ジョン・リチャード・エドワーズ)
Explaining and addressing the 'detachment of office bearers from their constitutents'
A study of leadership election arrangements within a professional accounting bodyPDF
2007/3
22 Masayoshi Noguchi and Edwards, John Richard
(野口昌良、ジョン・リチャード・エドワーズ)
Harmonising intergroup relations within a professional body
The case of the ICAEWPDF
2007/3
21 Masanobu Umeda
(梅田雅信)
Did the Quantitative Easing Policy Contribute to Overcoming Japan's Deflation since the Late 1990s?
The Effectiveness of Monetary Base Channel at Zero Interest RatesPDF
2007/3
20 Hideki Mizukami and Takuma Wakayama
(水上英貴、若山琢磨)
Implemetability and the Axioms of Bargaining TheoryPDF 2007/3
19 水越 康介、松嶋 登 物質性を伴う競争的使用価値の創発
日本のオンライン証券市場をめぐるビジネスモデルの競争的変遷
2007/1
18 川上 高志、木島 正明、 湯前 祥二 年金リスクを内包した最適資本構成モデルPDF 2006/12