Research Paper Series

「Research Paper Series」について

Research Paper Series (Graduate School of Management , Tokyo Metropolitan University)

本リサーチペーパー・シリーズは、経営学研究科の研究スタッフがその研究成果の一端を公表するために発行するものです。著者へのコメントを歓迎します。

The Graduate School of Management, Tokyo Metropolitan University, issues the Research Paper Series for the purpose of publishing the preliminary studies of the faculty staff. Comments to the authors are welcome.

社会科学研究科経営学専攻時代のもの

No. Author Title Date
86 水越 康介、横山 斉理、髙室 裕史 日本の医療組織に対するJCSIの適用と
顧客満足モデルの検討
2011/3
85 水越 康介 非営利組織マーケティングへの関係性概念の導入に向けて
概念拡張の再検討
2011/3
84 高橋 勅徳 社会的企業-社会企業家の理論的・経験的検討:座間味村におけるダイビング産業の成立とサンゴ礁保全組織の形成を通じてPDF 2011/3
83 高橋 勅徳 終わり無きイノベーション:ヤマト運輸株式会社の事例 2011/3
82 Masayoshi Noguchi
(野口昌良)
Maintaining Control through Budget in a Wartime Period: the Case of the South Manchurian Railway 2011/3
81 平山 剛 満洲房産株式会社の住宅供給事業
-満洲における国策住宅供給機関の実証実験- 
2011/3
80 高尾 義明 日本における組織アイデンティフィケーション研究の意義
-組織コミットメント研究との補完及び特徴を活かした研究課題の提案-
2011/3
79 大井淳一郎、大谷剛久、筒井政洋、湯浅雄一郎、高尾 義明 J字型カーブは成り立っているのか?
-HRMの変化が組織コミットメントの発達にもたらす影響- 
2011/1
78 平山 剛 戦時期川崎住宅株式会社の住宅供給  2010/12
77 雨宮 昭彦 「第三帝国」食糧経済システムの課題と政策 2010/11
76 水越 康介 意図せざる結果と意図を創り出す意図
逆向き因果論の含意
2010/10
75 Masaru Yoneyama
(米山秀)
Who could become Freemen?
Non-enrolled Apprentices in Early Modern English Provincial Towns 
2010/12 Ver.2
74 Masaaki Kijima and
Tian Yuan
(木島正明、田園)
Investment and Capital Structure decisions foreign Subsidiary with International Debt Shifting and Exchange Rate UncertaintyPDF 2010/5
73 高橋勅徳、三村真宗 電気自動車の普及を目指したインフラビジネスの展開:ベタープレイス社の事例PDF 2010/5
72 曽根秀一、高橋勅徳 建設業界の競争戦略:株式会社竹中工務店の事例PDF 2010/5
71 Takahiro Watanabe、 Hideaki Yamashita
(渡辺隆裕、山下英明)
Existence of a Pure Strategy Equiblrium in Markov Games with Strategic Complementarities for Finite Actions and StatesPDF 2010/4
70 吉田満梨、高橋勅徳 伝統産業におけるイノベーション
株式会社坂本乙造商店の事例PDF
2010/3
69 水越 康介 「学校」のマーケティングの再検討
NPO法人シブヤ大学にみる関係性の構築PDF
2009/12
68 Akihiko Amemiya
(雨宮昭彦)
Innovation der wirtschaftspolitischen Ideen in der Zwischenkriegszeit  2009/11
67 Takashi Shibata and Hiroshi Yamazaki
(芝田隆志、山崎博司)
Strategic investment timing under asymmetric access charge regulation in telecommunicationsPDF 2009/10