閉じる

5/18 水越ゼミ

こんにちは、3年の池田です!
今回も前回に引き続きケーススタディを行いました。

今回のケースは、最終顧客のニーズに応えようとするメーカーのニーズに応えるという、2段階のマーケティングであるB to B to Cを考えなければならなかったため、難しい課題でした。

ケースの冒頭、顧客に一度自社の提案が否定され、次改めてどのような提案をするべきかというところからスタートをしたのですが、なぜ提案は否定されてしまったのか、顧客が求めていたものは何だったのかをまず資料から読み取り、さらに現状や課題を正確に把握することが、新たな提案を考える上で重要なポイントとなりました。

また、現状を把握した上で、重要な顧客との関係性を第一に考えるのか、それとも自社の売り出したい商品を優先するのか、何に重きを置くかによっても取るべきマーケティングが変わってくるということにマーケティングの奥深さを知りました。

日常でも、なぜこうなのか、何が重要視されてるのかといったことに注目して生活をしていきたいと思います。

© 2022 経済経営学部 ゼミブログ - 東京都立大学