閉じる

小林ゼミ(日本経済史)の紹介

ゼミの内容等について

  • 内容
    • (前期)日本経済史関係のテキストおよび論文の講読
    • (後期)史料の読解、卒業論文中間報告
  • テキスト
    • 2020年度 武田晴人『日本経済史』(有斐閣、2019年)
    • 2019年度 廣田誠・山田雄久・木山実・長廣利崇 ・藤岡里圭『日本商業史』(有斐閣、2017年)
    • 2018年度 谷本雅之・沢井実『日本経済史』(有斐閣、2016年)
  • 史料
    • 『日本金融史資料 明治大正編』 【写真1】
    • 『明治前期財政経済史料集成』
  • 基本的には、2年間続けて履修し、卒業論文を執筆することを求めます
  • 演習参加希望の方は志望カードをご提出ください
  • 3年生で3次選考・4次選考を希望する方、また4年生で新規に履修を希望する方はご相談ください
【写真1】『日本金融史資料 明治大正編』第一巻には『会社全書』が所収されています

2020年度前期の遠隔授業

  • 4年生3名・3年生4名が在籍し、zoomを用いて演習を実施しています
  • 報告者がスライド資料を作成し、それを全員で共有しながら報告が進みます 【写真2】
  • 図書館の利用などの制限がある中で、オンラインでできる対応をとっています
【写真2】zoomを用いた演習の様子(2020年5月22日)

(文責:小林延人)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2022 経済経営学部 ゼミブログ - 東京都立大学