閉じる

全体像を掴み、自分で考え、人生を切り開く

皆さん、こんにちは。宮本ゼミです。

宮本ゼミは先日、島田晴雄前理事長と面会をさせていただきました!

新型コロナ感染流行に細心の注意を払いながら、新型コロナ対策、DX、外交問題、気候変動問題、国際協力、Fintech、ポストコロナの観光業、東京オリンピック、沖縄問題などについて、長時間にわたり熱い議論を繰り広げました。

島田先生は「参加学生が、多くを知り、学び、広い視野を持つことが、これからの彼ら自身のためにも、日本や世界のためにも有益で必要ということを理解して戴きたい」という趣旨で貴重なお話を数々して下さいました。

島田先生はこれまで数十年間、政府や国際機関、民間企業も含めた様々な組織と関わられ、政策形成や企業への助言などに深く関わってこられた方です。そのような方から直接、貴重なお話を伺い、また、議論させていただくというのは、日常では得難い機会であり、参加学生の心に残るものとなりました。

先生からは、「まずは健康で、守る価値がある人、愛すべき人を持って、全体像を掴み、自分で考え、人生を切り開いてほしい」という若い世代へのメッセージを頂きました。

物事の全体像をしっかりととらえ、常に世界を頭の中に入れておくことが、変化の激しい現代社会では必要であり、そして何より大切なのは、真がある、heartがあることだと仰っておられました。先生の熱いメッセージに多くの参加者が心を揺さぶられました。

このような貴重な機会を用意して下さった島田先生に心から感謝をしております。島田先生、本当に有難うございました!

今回の特別ゼミには、宮本ゼミ生だけなく、数名の学部1年生も参加してくれました。真剣に考えて質問をしている姿はつい数か月まで高校生をしていたとは思えないほどしっかりした学生さん達で、ゼミ生もいい刺激を頂きました。

宮本ゼミに興味がある方、いつでも参加歓迎です。ご質問ご意見をインスタグラム tmu.miyamoto.group でお待ちしております。

© 2021 経済経営学部 ゼミブログ - 東京都立大学