閉じる

Be Different

こんにちは。宮本ゼミです。

この度、宮本ゼミは本学、島田晴雄理事長に面会の機会をいただきました!

島田理事長は日本を代表するエコノミストで、これまでに慶應義塾大学教授、MIT訪問教授、千葉商科大学学長などを歴任、小泉政権下では内閣府特命顧問として政策支援にも携われた方です。この度、島田理事長の御好意で、宮本ゼミ生との面会が実現しました。

島田理事長との面会は1時間強でしたが、経済の話からはじまり、歴史、宗教、生き方など幅広いテーマで魂を揺さぶられるものでした。

島田理事長は「都立大の学生は、お行儀が良くて、まじめ、親孝行、非の打ち所がない」と述べられながらも、Apple社の創業者スティーブ・ジョブズ氏の”Stay hungry, stay foolish”を引用されながら、すこしfoolishになることの重要性を語られました。そして、“Be different”、もう少し柔軟に、何でもいいからユニークな存在になって欲しいと仰いました。

また、人生は人との出会いがそのカギであり、人は無限の刺激を与えてくれる存在である。「眼が開いた」と思う出会いを見つけて欲しいと仰りました。そして、問題意識を持ち、問題を発見したらそれを「私が解決してやる」という気迫が必要。歴史や社会を変えるGame changerになって欲しいとその熱い思いを語って下さいました。

面会の最後には、宮本教授が学生時代に島田理事長から「朝、目が覚めたら今日は”何をしでかしてやろうか”、夜寝るときに今日は思ったことを”しでかすことができただろうか”と反省して寝る」と言われたことが人生を変えたと仰っていましたが、島田理事長との面会は我々、ゼミ生の人生にとってもかけがけのないものとなりました。

面会の冒頭に、「今日は歴史的な日だね」。島田理事長はそうおっしゃり、自らのスマホで面会の様子を写真に収めることを指示されました。新型コロナウイルス感染流行のため、ゼミはこの4月からオンラインで行われ、これまで教員、学生が直接顔を合わせることはありませんでしたが、この度、島田理事長との面会により初の対面ゼミが実現しました。そのような意味でもまさに歴史的な時間を理事長に作って頂きました。

島田理事長、本当に有難うございました。

© 2022 経済経営学部 ゼミブログ - 東京都立大学