閉じる

7/6 水越ゼミ

こんにちは!3年生の濱田です。
7/6のゼミ報告をさせていただきます!
本日は、前回発表した3年生によるソーシャルメディア・マーケティング分析の追加分析を行いました。
発表会では企業側の投稿を分析しましたが、今回は自分たちが調べた企業に対する一般の個人側のアクションを見てみました。

前回に引き続き「音楽番組業界」「ハンバーガー業界」「スマートフォン向けゲーム業界」「コーヒー業界」の4つの業界で分析を進めると、業界ごと、さらには企業ごとに顧客の反応に異なる特徴が見られました。

特に、「コーヒー業界」ではstarbucksの顧客は新作発表に対して活発にアクションを示している一方で、他2社(タリーズコーヒーや上島珈琲)の顧客の投稿にはそういった傾向が見られなかった点が興味深く、starbucksのこだわり抜いたブランド力というものを感じさせられました。

さらに業界ごとに考察すると、「スマホゲーム」「音楽番組」の2つの業界では、ブランドを介して顧客同士が繋がりを図るようなアクションも多く、面白かったです。


また、「音楽番組」「コーヒー」業界では顧客のマイナスなコメントが少ない反面、「ハンバーガー」「スマホゲーム」業界では顧客によるマイナスな意見がよく見受けられました。
こういった違いをふまえて、飲食/メディアというような分け方で分析できないことを再確認させられたと共に、他の業界はどうなっているのか興味がわきました。

本日のゼミ報告は以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました

☺️
© 2022 経済経営学部 ゼミブログ - 東京都立大学