閉じる

新しい章のはじまり

みなさんこんにちは!

宮本ゼミ3年の宮本ジュカダ花と田中美咲です。今回は初めて2期生がブログを書かせていただきます。

今年度の2回目のゼミでは、主に2つの活動を行いました。1つ目は、Updating Ourselves to the Worldというもので、宮本先生に指定されて読んできたFinancial Timesの記事について議論することで、2つ目は1期生によるパート紹介でした。宮本ゼミではパートごとにサブゼミを行っています。

1つ目のUpdating Ourselves to the Worldでは4つのグループに分かれて、記事にあったそれぞれ興味のある議題についてディスカッションしました。たくさんのグループで、「なぜ日本はワクチンの普及が遅いのか」が議論になりました。議論が進む中で、日本の社会構造問題やデジタル化の遅れなどの原因が挙げられ、日本が抱えている課題を知ることができました。

その後のパート紹介では、昨年から経済、教養、安全保障の3つのグループに分かれて活動してきた1期生から、それぞれのサブゼミの魅力が2期生に伝えられました。経済も教養も安全保障も、すべて現在起こっている社会問題に応用させたり、結びつけて考えることでより議論を発展させることができるため、とても魅力的でした。

来週からはゼミ全体だけでなくサブゼミの活動も始まるため、2期生は1期生の背中を追いかけながら、宮本ゼミの一員として、「朝起きたら世界が自分に注目している、今日は世界に何をしでかしてやろうか」のスローガンのもと、学びを深めていきます。

宮本ゼミに興味がある方!ご質問ご意見をインスタグラム tmu.miyamoto.group でお待ちしております。

© 2022 経済経営学部 ゼミブログ - 東京都立大学