ファイナンスプログラム(MF)

PDメッセージ

国際的に活躍する
金融専門人材養成に向けて

首都大学東京大学院
ファイナンスプログラム(MF)ディレクター
室町 幸雄

金融の最先端では、自らのアイデアにより、表現力のある数理モデルや投資戦略の構築、適切なリスク管理技術の開発、金融商品の開発やその定量的な評価・分析、バックテストなどが行える高度金融専門人材が求められています。実際に海外の国際金融都市では、ファイナンスの高度な専門教育を受けた学位を持つ人材が金融の最先端で実務を行っているのが実情です。

本プログラムは、こうしたスキルを持つ人材を養成する大学院として、ゼミ(ファイナンス演習)やケーススタディによる実践的な教育(ファイナンス考究)を効果的に配当し、修士論文の執筆を義務付け、学会の最先端の知識を吸収し、獲得した知識を金融実務の実践に繋げられるよう、教員が時間をかけて少人数の優秀な人材を指導する体制を構築しています。各分野の理論に精通した教員と実務経験を有する教員が、徹底した少人数指導にあたります。また平日夜間ならびに土曜日に開設されている経営学プログラム(MBA)および経済学プログラム(MEc)の授業を履修することにより、単なる金融のプロというだけでなく、経営戦略や組織管理にも精通したビジネスエリートを養成して参ります。